50才がなんとなく見えてきたところですが,今年の6月にセパルドライビングスクール橋本を卒業して,ようやく普通二輪AT免許を取得しました。4月に入校したので約3ヶ月かかりました。免許所持者でしたので学科がなかったのを2段階の中頃に気が付きました。過去問を購入して勉強していたのですが,忘れてるーーー。(笑)

AT限定では,1段階(5時限以上),2段階(8時限以上)でした。
1段階
1 AT新
2 AT1(追加教習あり)ここで2回落ちました。(笑)
3 1シュミレーション
4 AT1
5 AT総(追加教習あり)無事合格

2段階
1 2シュミレーション
2 2-2
3 2-3
4 回避
5 2-5
6 2-6(追加教習あり)無事合格
もうこの辺から卒業に向けた準備かな
7 セット(シュミレーションと学科)
8 2総(追加教習あり)無事合格ーー卒業検定へ!

卒業検定
午前9時に集合して1時間位試験の説明を受ける。
全員が終了してから合否の発表
午後2時頃解散

こんなスケジュールでした。1段階は中々予約ができずにいましたが,2段階に入ったら二週間程度で全て終えることができました。

バイクは,20才頃に数ヶ月友達の原付を乗ったくらいでしたのでしたので,ほとんど初乗り状態でした。
やはりバイクの大きさや重さに驚きました。「こんな大きくて重いバイク乗れるのかなーー」のレベルでした。教習中に交差点を右折した時,走り出してすぐにアクセルをふかしたまま前輪ブレーキをかけてしまい転倒。ズボンは破れて帰宅後,右足が血だらけで驚きましたが,車にはないことですので,バイクの怖さをしりました。「バイクの免許本当に取れるのかなーー?」こんな心境で最後まで自信喪失状態でした。

 最後の卒業検定では,「次,右に曲がってくださーい。この先は徐行です。右のウインカー出してください。」などと言葉に出して自分にアドバイスするような感じで,落ち着かせてどうにか最後まで走れましたが,一本橋だけは,最後まで,7秒以上で行くことができませんでした。最後教官から,「一本橋はどうしたのですか」と言われ,「苦手なんです」と答えました。

 教官たちは,一生懸命に一本橋を最後まで指導してくれたのですが,本当に最後までダメでした。そんなこんなで,どうにか卒業できたのですが,指導を受けた教官たちに挨拶する時間がなかったので,後日,挨拶に行く予定です。卒業してまもないですが,教習所生活が懐かしいです。バイクが来たら遊びに行こうと思います。そんな思いにさせてくれるのが,この教習所(セパルドライビングスクール)(http://www.sepal.jp/)こんな感じの良い雰囲気のところです。他のところに行かなくてよかった。

もうすぐで,バイク(PCX150ABS)が来るのですが,これからバイクのある生活を楽しみます。まだ,ツーリングフレンドいないのですがーー。(笑)